アミオダロン塩酸塩 安全使用実践マニュアル

■監修にあたって

アミオダロン塩酸塩は、「生命に危険のある再発性不整脈(心室細動、心室性頻拍、肥大型心筋症に伴う心房細動)で他の抗不整脈薬が無効か、又は使用できない場合」を適応として、1992年に国内で上市された。2010年には「心不全(低心機能)に伴う心房細動」に対しても適応を取得し、良好な臨床成績をあげている1)。一方で、心外性副作用の頻度が高く、かつ致死的副作用を有する事が問題となっている。特にアミオダロンの肺障害の発現頻度に関しては、人種間の差2)や、アンジオテンシンⅡの関与が示唆されている3)が、維持量、N-モノデスエチルアミオダロン濃度、年齢が増すにつれて発現頻度は上昇することが報告されている2)。アミオダロンによる不整脈治療のポイントは有効性を維持しうる最小維持量を用い、副作用の発現を極力抑えることにある。
2010年5月に発売されたアミオダロン塩酸塩速崩錠「TE」は、国内唯一の50mg錠を有する、国内初の「速崩壊型」錠剤である。また、2018年6月に発売されたアミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」は、室温保存が可能で、有効期間が3年である。
このたび、当院におけるアミオダロンの導入、維持、各種検査スケジュールを提示して、安全使用実践マニュアルを作成した。このマニュアルがアミオダロン製剤の安全かつ有効な使用に少しでも役立つよう願うところである。

1) 廣島謙一、他.Prog Med 2012; 32(Suppl 1); 468-71.
2) Yamada Y, et al. Circ J 2007; 71: 1610-6.
3) Nikaido A, et al. Int J Cardiol 2010; 140: 328-35.

■監修

国立循環器病研究センター 心臓血管内科 部長 草野 研吾 先生

アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」・100mg「TE」の効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

2018年7月改訂
本コンテンツのご利用について

本コンテンツに掲載されている記事には、本邦における未承認薬および適応外、用法・用量外の情報が含まれる場合があります。本コンテンツは、特定の薬剤の処方誘引あるいは企業の営利を企図するものではありません。薬剤の使用については各医薬品の最新添付文書をご参照ください。なお、本コンテンツの利用によって生じるいかなる損害について、当社は一切責任を負うことができませんので、あらかじめご了承ください。当サイトのご利用条件もご確認をお願い致します。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • トーアエイヨーの付加価値後発品
  • 安定供給体制等に関する情報
  • 薬剤師のための“不整脈”入門講座
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用安全使用実践マニュアル
  • シンビット静注用投与ガイド
  • シンビット静注用の溶解調製法
  • MEポケット
  • 心房細動といわれたら
  • 不整脈が気になる方の自己チェック「症状記録手帳」
  • カテーテルアブレーション治療のご説明