投与方法:アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」

心室細動、血行動態不安定な心室頻拍で難治性かつ緊急を要する場合

  • □ 1日総投与量:1250mgを超えないこと。
  • □ 投与濃度:2.5mg/mLを超えないこと。

【初期急速投与・負荷投与・維持投与1)・維持投与2)・継続投与】

アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」心室細動、血行動態不安定な心室頻拍で難治性かつ緊急を要する場合の投与方法(1-2日目)
クリックで拡大

【追加投与】

アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」心室細動、血行動態不安定な心室頻拍で難治性かつ緊急を要する場合(3日目以降)

電気的除細動抵抗性の心室細動あるいは無脈性心室頻拍による心停止

【初回投与(静脈内へボーラス投与)・追加投与】

アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」の電気的除細動抵抗性の心室細動あるいは無脈性心室頻拍による心停止への投与方法

本剤投与中に間質性肺炎、甲状腺機能亢進症などが現れることがあります。
► 副作用の早期発見のために:肺► 副作用の早期発見のために:甲状腺を参考に検査及び症状の確認を十分に行ってください。

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。


アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」心室細動、血行動態不安定な心室頻拍で難治性かつ緊急を要する場合の投与方法

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • トーアエイヨーの付加価値後発品
  • アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」投与方法
  • 心不全合併心房細動治療におけるアミオダロンの役割
  • 薬剤師のための“不整脈”入門講座
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用安全使用実践マニュアル
  • MEポケット