投与方法:アミオダロン塩酸塩速報錠50mg「TE」・100mg「TE」

投与方法:アミオダロン塩酸塩速報錠50mg「TE」・100mg「TE」

例:国立循環器病研究センターでの静注から経口剤への移行の考え方

  • □ 添付文書上、導入期の用量は1日400mgとなっているが、既に静注投与にて血中濃度が得られている状態下においては、年齢、症状、患者の状態により適宜増減を考慮する。
  • □ 導入期は静注投与2日目から1~2週間(継続投与した場合は、その最終日から1週間)を目安とする。

  • 【用法・用量】
  • 導入期
    通常、成人にはアミオダロン塩酸塩として1日400mgを1~2回に分けて1~2週間経口投与する。
  • 維持期
    通常、成人にはアミオダロン塩酸塩として1日200mgを1~2回に分けて経口投与する。
  • なお、年齢、症状により適宜増減する。

例:国立循環器病研究センターでのアミオダロン初期投与量設定と維持量の調整の考え方

  • □ アミオダロン導入は原則として入院で行う
  • □ アミオダロンの導入は原則として4週間
    少なくとも2週間必要
  • □ 通常は300~400mg/日で2週間の初期投与(ローディング)
    年齢や心機能によっては100~300mg/日の設定
  • 減量方法

    2)Yamada Y, et al. Circ J, 2007;71:1610-6.

  • □ 心房細動の場合は上記の量を減量して使用する
    100~200mg/日で初期投与の設定

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • トーアエイヨーの付加価値後発品
  • 安定供給体制等に関する情報
  • 薬剤師のための“不整脈”入門講座
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用安全使用実践マニュアル
  • シンビット静注用投与ガイド
  • シンビット静注用の溶解調製法
  • MEポケット
  • 心房細動といわれたら
  • 不整脈が気になる方の自己チェック「症状記録手帳」
  • カテーテルアブレーション治療のご説明