アミオダロンの血中濃度推移

アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」・100mg「TE」の血中濃度推移8)

血漿中アミオダロン及びN-モノデスエチルアミオダロンの平均濃度推移
クリックで拡大

アミオダロン
投与製剤 50mg錠 100mg錠
AUC0-48(ng・hr/mL) 577.53±143.55 1179.51±432.63
Cmax(ng/mL) 31.94±6.24 62.56±17.71
Tmax(hr) 5.3±1.6 6.1±0.8
T1/2(hr) 16.92±3.49 17.80±1.52

N-モノデスエチルアミオダロン
投与製剤 50mg錠 100mg錠
AUC0-168(ng・hr/mL) 1112.05±178.09 1989.10±413.52
Cmax(ng/mL) 10.74±2.25 18.41±4.13
Tmax(hr) 13.5±4.2 15.8±9.6
T1/2(hr) 167.84±77.78 142.98±32.47

(平均値±標準偏差、各n=8)


対象:健康成人男子16名
方法:アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」1錠又はアミオダロン塩酸塩速崩錠100mg「TE」1錠を絶食単回経口投与とした。

8)髙野 和彦, 他. 診療と新薬 2010; 47(9): 898-903.

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。


血漿中アミオダロン及びN-モノデスエチルアミオダロンの平均濃度推移

対象:健康成人男子16名
方法:アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」1錠又はアミオダロン塩酸塩速崩錠100mg「TE」1錠を絶食単回経口投与とした。

8)髙野 和彦, 他. 診療と新薬 2010; 47(9): 898-903.

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • トーアエイヨーの付加価値後発品
  • Ⅲ群抗不整脈薬(静注)の特徴と選択
  • アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」投与方法
  • 心不全合併心房細動治療におけるアミオダロンの役割
  • 薬剤師のための“不整脈”入門講座
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用安全使用実践マニュアル
  • MEポケット