併用薬剤の確認(調整):併用注意

アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」の併用注意

アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」は、以下の薬剤が併用注意となっています。

  • 併用によりQT延長のリスクが増加する薬剤
  • □ PDE5阻害薬(バルデナフィル、シルデナフィル)
  • 併用により重大な又は致死的な出血が生じるリスクが増加する薬剤
  • □ ワルファリン
  • 併用により血中濃度が上昇する薬剤
  • □ ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩
  • □ P糖蛋白を基質とするXa阻害剤(エドキサバントシル酸塩水和物)
  • □ CYP3A4で代謝される薬剤(シクロスポリン、タクロリムス、ジヒドロエルゴタミン、エルゴタミン、トリアゾラム、ミダゾラム等)
  • □ フレカイニド、アプリンジン
  • □ テオフィリン
  • □ フェニトイン
  • 併用により筋障害のリスクが増加する薬剤
  • □ CYP3A4で代謝されるHMG-CoA還元酵素阻害剤(シンバスタチン等)
  • 併用によりその他の心イベントのリスクが増加する薬剤
  • □ リドカイン:洞停止、洞房ブロック
  • □ β遮断薬(メトプロロール、プロプラノロール):徐脈、心停止
  • □ Ca拮抗剤(ジルチアゼム、ベラパミル):心停止、房室ブロック
  • □ フェンタニル:血圧低下、徐脈
  • □ 全身麻酔剤:重度の合併症
  • □ 局所麻酔剤:心機能抑制作用の増強
  • □ レジパスビル/ソホスブビル配合剤:徐脈等の不整脈
  • □ ヒドロキシクロロキン硫酸塩:心室性不整脈
  • 併用によりtorsades de pointesのリスクが増加する薬剤
  • □ 低カリウム血症を起こす薬剤(利尿剤、副腎皮質ステロイド剤、アムホテリシンB、ACTH(テトラコサクチド))
  • 併用によりアミオダロンの血中濃度が低下する食品
  • □ セイヨウオトギリソウ(St.John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

*重要な基本的注意を参照のこと

アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」・100mg「TE」の併用注意

アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」・100mg「TE」は、以下の薬剤が併用注意となっています。

  • 併用により重大な又は致死的な出血が生じるリスクが増加する薬剤
  • □ ワルファリン:プロトロンビン時間(PT-INR)を監視しながら、適宜減量する(1/3~1/2程度)。
  • 併用により血中濃度が上昇する薬剤
  • □ ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩:低用量を用いる。
  • □ エドキサバントシル酸塩水和物:低用量を用いる。
  • □ ジゴキシン:1/2程度に減量するか中止する。
  • □ キニジン:1/3~1/2程度に減量するか中止する。
  • □ プロカインアミド:1/3程度に減量するか中止する。
  • □ CYP3A4で代謝される薬剤(シクロスポリン、タクロリムス、ジヒドロエルゴタミン、エルゴタミン、トリアゾラム、ミダゾラム等)
  • □ フレカイニド:2/3程度に減量する。
  • □ アプリンジン
  • □ テオフィリン
  • □ フェニトイン
  • 併用によりtorsades de pointesのリスクが増加する薬剤
  • □ メキシレチン
  • □ ジソピラミド
  • □ ソタロール
  • □ 低カリウム血症を起こす薬剤(利尿剤、副腎皮質ステロイド剤、アムホテリシンB、ACTH(テトラコサクチド))
  • 併用により筋障害のリスクが増加する薬剤
  • □ CYP3A4で代謝されるHMG-CoA還元酵素阻害剤(シンバスタチン等)
  • 併用によりその他の心イベントのリスクが増加する薬剤
  • □ リドカイン:洞停止、洞房ブロック
  • □ β遮断薬(メトプロロール、プロプラノロール):徐脈、心停止
  • □ Ca拮抗剤(ジルチアゼム、ベラパミル):心停止、房室ブロック
  • □ フェンタニル:血圧低下、徐脈
  • □ 全身麻酔剤:重度の合併症
  • □ 局所麻酔剤:心機能抑制作用の増強
  • □ レジパスビル/ソホスブビル配合剤:徐脈等の不整脈
  • □ ヒドロキシクロロキン硫酸塩:心室性不整脈
  • 併用によりアミオダロンの血中濃度が低下する食品
  • □ セイヨウオトギリソウ(St.John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

*重要な基本的注意を参照のこと

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • トーアエイヨーの付加価値後発品
  • アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」投与方法
  • 心不全合併心房細動治療におけるアミオダロンの役割
  • 薬剤師のための“不整脈”入門講座
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用安全使用実践マニュアル
  • MEポケット