ビソノテープ4mg・8mg

ビソノテープの特性

ビソノテープの特性1

本態性高血圧症、頻脈性心房細動治療薬*1にテープ剤という、新たな選択肢。

世界初のβ1遮断薬経皮吸収剤です。「本態性高血圧症(軽症~中等症)」に加え、「頻脈性心房細動」の適応を取得しました(2019年1月)。

詳しくはこちら

*1:ビソノテープ4mg・8mgの効能・効果;本態性高血圧症(軽症~中等症)、頻脈性心房細動、ビソノテープ2mgの効能・効果;頻脈性心房細動

ビソノテープの特性2

24時間にわたり降圧効果と心拍数調節効果を示します。

1日1回の貼付で24時間にわたる降圧効果、心拍数調節効果を示します。

詳しくはこちら
ビソノテープの特性3

頻脈性心房細動治療の用量調節を可能にするため、2mgを追加*2

頻脈性心房細動に対して、より細やかな用量調節が可能です。

詳しくはこちら

*2:2mg規格については発売準備中

ビソノテープの特性4

汗をかいてもはがれにくい製剤に改良しました。

水や汗に対する親和性が高いアクリル系粘着剤を使用し、耐水粘着性を向上させた製品に改良しました。

詳しくはこちら
ビソノテープの特性5

本態性高血圧症(軽症~中等症)承認時における副作用は789例中233例(29.5%)に認められ、主なものは適用部位そう痒感56例(7.1%)、適用部位皮膚炎29例(3.7%)、適用部位紅斑17例(2.2%)等でした。また、主な臨床検査値異常変動は、血中トリグリセリド増加20例(2.5%)、ALT(GPT)の上昇13例(1.6%)、血中尿酸増加12例(1.5%)、好酸球百分率増加12例(1.5%)等でした。

頻脈性心房細動承認取得時における副作用は247例中43例(17.4%)に認められ、主なものは適用部位皮膚炎9例(3.6%)、適用部位そう痒感6例(2.4%)、心不全3例(1.2%)等でした。また、臨床検査値異常変動は3例(1.2%)であり、肝機能検査値上昇2例(0.8%)、血小板数減少1例(0.4%)でした。

重大な副作用として心不全(0.6%)、完全房室ブロック、高度徐脈、洞不全症候群(いずれも頻度不明)があらわれることがあります。

詳しくはこちら

2013年11月作成、2019年2月更新

本剤の「効能・効果」、「用法・用量」、「用法・用量に関連する使用上の注意」、「禁忌」を含む「使用上の注意」等は「添付文書」をご参照ください。添付文書等DIはこちら