頻脈性心房細動治療の用量調節を可能にするため、2mgを追加*

*:2mg規格については発売準備中

頻脈性心房細動に対する低用量規格としての2mg*

頻脈性心房細動に対して、より細やかな用量調整が可能です。

ビソノテープ製品写真

● ビソノテープの効能・効果、用法・用量
  • 【効能・効果】
  • 1.本態性高血圧症(軽症~中等症)
  • 2.頻脈性心房細動
  • <参考>
  • 効能・効果
    ビソノテープ2mg
    ビソノテープ4mg
    ビソノテープ8mg
    本態性高血圧症(軽症~中等症)
    -
    頻脈性心房細動
  • 〇:効能あり、-:効能なし
  • 【用法・用量】
  • 1.本態性高血圧症(軽症~中等症)
    通常、成人にはビソプロロールとして8mgを1日1回、胸部、上腕部又は背部のいずれかに貼付し、貼付後24時間ごとに貼りかえる。
    なお、年齢、症状により1日1回4mgから投与を開始し、1日最大投与量は8mgとする。
  • 2.頻脈性心房細動
    通常、成人にはビソプロロールとして1日1回4㎎から投与開始し、効果が不十分な場合には1日1回8㎎に増量する。本剤は胸部、上腕部又は背部のいずれかに貼付し、貼付後24時間ごとに貼りかえる。
    なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最大投与量は8㎎とする。
  • <用法・用量に関連する使用上の注意>
  • (1)褐色細胞腫の患者では、本剤の単独投与により急激に血圧が上昇することがあるので、α遮断剤で初期治療を行った後に本剤を投与し、常にα遮断剤を併用すること。
  • (2)腎機能障害のある患者では、本剤の血中濃度が上昇するおそれがあるため低用量から投与を開始することを考慮すること。[「薬物動態」の項参照]
  • (3)頻脈性心房細動を合併する本態性高血圧症の患者に投与する場合、頻脈性心房細動の用法・用量は1 日1 回4 ㎎から開始することに留意した上で、各疾患の指標となる血圧や心拍数、症状等に応じ、開始用量を設定すること。

本剤の「効能・効果」、「用法・用量」、「用法・用量に関連する使用上の注意」、「禁忌」を含む「使用上の注意」等は「添付文書」をご参照ください。添付文書等DIはこちら