C型ナトリウム利尿ペプチド〈C-type natriuretic peptide;CNP〉

C型Na利尿ペプチド(CNP)は脳性(B型)Na利尿ペプチド(BNP)と同様、ブタ脳から単離された22残基のアミノ酸によって構成されたペプチドである(図)。CNP-22はその後ブタ、ラット、ヒトで同一であり、ANPと同様に種属差が少ないことが明らかになった。

ヒトNa利尿ペプチドファミリーの構造

CNPは、ヒトやラットでは視床下部、視床、小脳など中枢神経系および下垂体に豊富に存在し、CNPが脳内の主要なNa利尿ペプチドと考えられていたが、最近の知見によりCNPは血管内皮細胞で産生・分泌され血管の増殖・肥厚に重要な役割を果たしていることが明らかとなった(図)。

増殖性血管病変における血管壁Na利尿ペプチド系の病態生理的意義

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A