洞房ブロック〈sinoatrial(SA)block〉

洞結節および洞房伝導系の器質的障害による電気的興奮発生頻度の低下、洞房伝導障害を原因とする洞性徐脈性不整脈により主に脳虚血症状を呈するものを、洞機能不全症候群という。分類として、Rubenstein分類(参考:洞[機能]不全症候群)がある。このⅡ型に洞房ブロックが含まれる。

洞房ブロックとは洞結節と心房との間の興奮伝導障害をいう。Ⅰ度洞房ブロックは洞結節から心房への興奮伝導の遅延のみ(SA時間の延長)であり、Ⅱ度洞房ブロックは洞房伝導の間欠的中断によるもので、Wenckebach型(Ⅰ型Ⅱ度洞房ブロック)はSA時間の漸増の後1回洞房伝導がブロックされ、次いで再びSA時間の伝導性が回復して次の周期が始まる。Mobitz型(Ⅱ型Ⅱ度洞房ブロック)はSA時間の漸増がなく、突然中断するものである。そのほか高度洞房ブロックもある。Ⅲ度洞房ブロックは完全洞房ブロックで、洞結節は興奮しても心房の興奮は出現せず、下位中枢の興奮により心房は収縮する。心電図上、Ⅰ度洞房ブロックは洞房伝導が記録されないため、異常は認めない。Wenckebach型Ⅱ度洞房ブロックではPP間隔が次第に短縮して、急に長いPP間隔が出現する。PQ間隔は不変である。SA時間は次第に延長してブロックされるが、その延長の程度は軽くなるので、PP間隔は次第に短縮する。Mobitz型Ⅱ度洞房ブロックでは洞房伝導時間が突然1回脱落するので、それに対してPP間隔が突然2倍に延長する。Ⅲ度洞房ブロックでは洞結節興奮によるP波は出現しない。異所性のP波あるいは房室接合部性の補充収縮となる。

本症において心電図上診断がつきうるのはⅡ度洞房ブロック、2:1洞房ブロック、高度洞房ブロックである。Wenckebach型Ⅱ度洞房ブロックの休止期が洞房ブロックによるものか、洞停止によるものかの鑑別は不可能であり、休止期が著明に長い場合にも洞房ブロックと洞停止との鑑別は不可能である。洞房伝導時間(sinoatrial conduction time;SACT)を計測することにより、これらの鑑別が可能である。本症は無症状なら経過観察となり、症状のあるものは薬剤などの原因があれば除去する。高度のブロックで失神発作などがあればペースメーカ植込みを行う。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A