iPS細胞〈induced pluripotent stem cell,人工多能性幹細胞〉

induced pluripotent stem cell(人工多能性幹細胞)の略で、体細胞に初期化関連因子を導入することにより樹立された多能性幹細胞のこと。ES細胞(embryonic stem cell胚性幹細胞)と同様に、生体のさまざまな細胞に分化できる分化万能性(pluripotency)を有し、その特性を保持したまま分裂増殖させることができる。また、適切な処理を行うことにより、生体内の細胞に類似した組織細胞へ分化誘導を行うことができる(図)。

iPS細胞の樹立と組織細胞への分化誘導

山中伸弥教授のグループが、世界で初めてマウス(2006年)、ヒト(2007年)から樹立した。当時は、線維芽細胞にレトロウイルスを用いてSox2, Oct3/4, Klf4, c-Mycの4種類の初期化関連因子を導入して樹立されたが(図)、使用する体細胞(血球系細胞など)や導入方法(ウイルス不使用)など、これまでに多くの技術革新が行われている。
山中教授は、「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。