Adams-Stokes(アダムス・ストークス)症候群〈Adams-Stokes syndrome〉

一過性の不整脈により心拍出量が激減すると、脳への血液灌流が不十分となり、そのために出現する一過性の失神発作をいう。

成因としては徐拍性不整脈と頻拍性不整脈の両方があるが、房室ブロックが3分の2を占め最も多い。洞不全症候群によるものは房室ブロックの半分程度である。一過性心室細動や心室頻拍などの頻拍性不整脈によるものは数パーセントである。

治療としては、徐拍性のAdams-Stokes症候群にはペースメーカの植込みが、頻拍性の場合には直流電気的除細動が有効である。ペースメーカの植込みが普及した今日では、Adams-Stokes症候群の予後は飛躍的に向上した。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A