TdP〈torsade[s] de points、トルサデポアン、多形性心室頻拍〉

心室頻拍の一種で、Dessertenne(1966年)によると「不規則で、通常反復性の心室頻拍の特殊型で、特有の原因をもち、発作時QRS軸が連続して変化するため、心電図誘導によっては心室波形が基線を中心に捻れた形(torsardes)にみえるもの」とされている。非発作時には、QT延長がよくみられる。

原因としては、先天性QT延長症候群、完全ないし高度房室ブロック、薬剤〔Ⅰa群を主とする抗不整脈薬(図)、三環系抗うつ薬などの向精神薬など〕、電解質異常(低K血症、低Mg血症)、クモ膜下出血などが挙げられる。

抗不整脈薬によるTdp

発作が持続すれば致死的となる。治療は、原因となる病態を見出して除去することであるが、原因を特定する前に一時的心臓ペーシングにより心拍数を保つことが大切である。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A