早期再分極症候群〈early repolarization syndrome;ERS〉

心電図QRS-ST接合部(J点)の上昇は早期再分極と呼ばれ、低体温症(図)や低Ca血症に伴う所見として報告されていたが、比較的頻度が高く(1~9%程度)若年健常男性やアスリートによく認められることから病的意義を伴わない正常亜型として認識されてきた。一方、近年になり基質的疾患を伴わない特発性心室細動患者における12誘導心電図の下側壁誘導でJ波が有意に高率に認められること、心室細動蘇生後の患者のうち、早期再分極を有する群の心室細動再発率が有意に高いことが報告され、早期再分極症候群(ERS)という疾患概念として改めて注目されるに至っている。

偶発的低体温症に合併したJ波

ERSは、12誘導心電図においてⅡ、Ⅲ、aVF(下壁誘導)もしくはⅠ、aVL、V4~V6(側壁誘導)の2誘導以上におけるQRS-ST接合部の0.1mV以上の上昇とそれに続くST上昇と定義される(図)。心電図変化の機序として、一過性外向き電流(Ito)の関与および心外膜・心内膜側におけるItoの分布の差異によるとする仮説が提唱されているが、脱分極異常なのか再分極異常なのかも含めはっきりとしたことはいまだ解明されていない。過去の報告から、致死性不整脈に関連するリスクの高いJ波の所見として、①波高≧0.2mV、②水平・下行型のST変化を伴う、③下壁-側壁の広範囲にわたるJ波、④RR延長に伴って増高するJ波などが考えられている。

イソプロテレノール、キニジン投与が心電図異常や心室細動に有効であること、40歳台・男性・安静時に心室細動発症が多いことなど共通の特徴からBrugada症候群との関連が示唆されており、実際に早期興奮症候群の家族内に典型的Brugada症候群患者が存在する例も報告されている。一方でNaチャネル遮断薬に対する反応や再発率などの相違点もあり、関連については不明な点が多い。

心室細動、突然死症例において見逃されている可能性もあり、今後疾患の解明が期待される。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A