心房粗動〈atrial flutter;AF〉

心房粗動は心房内で持続する規則的な興奮が発生した状態で、P波の代わりに鋸歯状の粗動波(F波)を認める。通常型(Ⅱ、Ⅲ、aVFで陰性F波)と非通常型(Ⅱ、Ⅲ、aVFで陽性F波)に分かれ、250~350/分のことが多い。通常2:1、4:1伝導を示すことが多いが(図)、3:1、6:1伝導や伝導比が一定でない場合もある。1:1伝導となった場合は300/分以上の頻脈となり危険なため、早期に洞調律化あるいは徐脈化を図らなければならない。慢性心房粗動の多くは一度洞調律化しても再発することが多く、治療は心拍数のコントロールと塞栓予防を行う。

心房粗動

発作性心房粗動の場合の薬物療法として、Ⅰa群やⅠc群抗不整脈薬の静注があるが、発作性上室性頻拍や発作性心房細動に対する場合より発作停止率は低い。また抗不整脈薬単独投与により1:1伝導となる場合があるので、必ずジギタリス、ベラパミルなどの房室伝導を抑制する薬剤を併用する。非薬物療法では直流電気的除粗動、心房ペーシングが用いられ除粗動の成功率も高い。発作頻度の高い場合は予防処置が必要となるが、薬物療法は発作性心房細動の場合と同様である。最近はカテーテル・アブレーションによる治療法も用いられる場合がある。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A