心室頻拍〈ventricular tachycardia;VT〉

心室頻拍はヒス束分岐部より遠位部から発生し3拍以上持続する心室性頻拍で、30秒以上持続するものを持続性心室頻拍(substained ventricular tachycardia)、それ未満を非持続性心室頻拍(nonsubstained ventricular tachycardia)という(図)。

心室頻拍

原因疾患としては心筋梗塞、心筋症、各種の器質的心疾患や心不全、電解質異常(低K、低Mg)、ジギタリス中毒などがあるが、基礎疾患を有さない特発性心室頻拍も認められる。発生のメカニズムとしては心室筋のリエントリーが主体で他に撃発活動(triggered activity)、自動能亢進などがある。

発作時の心拍数は70~250/分で、200/分以上はきわめて危険である。130/分以下のものはスローVTといわれる促進固有調律(accelerated idioventricular rhythm)であることが多く、自動能亢進によるもので予後は良好である。QRS波形により単形性と多形性に分類され、多形性で周期的に心室波が変化するものをtorsades de pointes(TdP)と呼ぶ。持続性心室頻拍やTdPは血行動態の悪化からAdams-Stokes発作の併発、心室細動への移行をきたし死亡することがある。

発作中の治療は薬物療法ではⅠb群抗不整脈薬のリドカイン静注、Ⅰa群抗不整脈薬のプロカインアミド、ジソピラミド静注が用いられるが、これらが無効な場合や血行動態が悪化している場合は直ちに直流電気的除細動が施行される。発作予防では誘因の除去に加え、薬物療法としてⅠa群(ジソピラミド、プロカインアミド)、Ⅰb群(メキシレチン)、Ⅰc群(フレカイニド、エンカイニド)抗不整脈薬が用いられる。Ⅱ群抗不整脈薬のβ遮断薬も発作防止に使用され、虚血性心疾患の予後を改善する。特発性心室頻拍の中でベラパミルが著効するものがあり、ベラパミル感受性心室頻拍と呼ばれる。これら治療によっても心室頻拍がコントロールできない場合は、植込み型除細動器(ICD)や抗頻拍型ペースメーカが使用される。カテーテル・アブレーションも試みられており、特発性心室頻拍では良好な成績がみられる。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A