心房細動〈atrial fibrillation;Af〉

心房細動(Af)とは、心房局所で生じた250~350/分またはそれ以上の高頻度興奮が空間的・時間的に変動することにより全体が統率のない無秩序な興奮に陥っている心房性不整脈である。洞調律中の心電図でみられるP波は消失し、代わりに速い不規則な心房興奮が基線の揺れ(f波)として観察される。また、興奮が房室結節に到達する時相もランダムとなるため、RR間隔の規則性も喪失する(絶対性不整脈)。機序として心房内に生じた複数の頻拍回路が移動しながら分裂・融合・消長を繰り返すとする仮説が主流であるが、病初期においては特に肺静脈の関与が大きい。その持続時間により、発作性(paroxysmal)、持続性(persistent)、永続性(long standing)の3つの病型に分類される。

Afの有病率は男女とも加齢とともに増加し、日本循環器学会の横断疫学調査(2003年)では、80歳以上では男性4.4%、女性2.2%がAfを有すると報告された。弁膜症、高血圧心疾患、冠動脈疾患、心不全、甲状腺疾患、糖尿病などはAfを合併しやすい一方、器質的疾患を認めない孤立性Af(lone Af)も存在する。

Afでは心室充満に対する心房寄与の消失による心拍出量減少、不適切な高心拍の持続による血行動態悪化をきたし、心不全の原因となりうる。Afの約40%は無症候性であるが、症状としては動悸のほかに息切れ、胸部不快感、労作時の易疲労感などを認めることが多い。

さらに、Afでは心房内の血流停滞をきたし、血栓形成の原因となる。実際にAfにより心原性塞栓症リスクは健常対照の5~10倍と報告されており、CHADS2スコアを用いた塞栓症リスク層別化がなされる。

Afの治療は、心拍数調節、洞調率化・再発予防、抗凝固療法からなる。心拍調節には、β遮断薬、Ca拮抗薬、ジギタリス製剤などが用いられる。洞調律化・再発予防には抗不整脈薬(Ⅰa、Ⅰc、Ⅲ群薬)のほか、電気的除細動やカテーテル・アブレーションも検討される。抗凝固療法には豊富なエビデンスを有するワルファリンが長年用いられてきたが、近年、非弁膜症性Af(nonvalvular Af)に対して直接トロンビン阻害薬や第Ⅹa因子阻害薬が相次いで認可され、選択肢が広がった。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A