僧帽弁逸脱[症]〈mitral[valve]prolapse;MVP〉

収縮期に僧帽弁が左房側に逸脱し、時に僧帽弁逆流を伴う。病因としては僧帽弁膜の粘液変性が最も多く、この場合には後尖の変化が強いことが多い。そのほか、僧帽弁輪や左室流入部局所の心筋機能不全や、乳頭筋の虚血性変化が原因となることもある。臨床的には、逆流を伴い心不全を呈したものが対象となるが、このような病態を呈するような高度の逆流を合併するものは比較的まれである。

心音の聴診所見上、収縮期に腱索または弁帆が左房に逸脱した際にクリック音が認められ、体位による前負荷の程度により変化する。逆流の存在するときは引き続き収縮期雑音を呈する。心臓超音波検査では、クリック音とともに僧帽弁後尖の後方運動(ハンモック状後方運動)や、僧房弁輪を越えて心房側変位した僧帽弁が観察される。本症候群では、僧帽弁逆流の進行はまれであり、また心不全、感染性心内膜炎の発生は低いとされる。時に不整脈の合併をみるが、致死性への進展はなく予後は良い。治療は併発する合併症に対して行われ、その対象は症状を有する不整脈や僧帽弁逆流症である。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A