心筋梗塞〈myocardial infarction;MI〉

心筋梗塞とは、元来病理学上の名称であって、循環不全による局所の心筋壊死のことをいう。しかし臨床的には、梗塞が完成された状態のみならず、梗塞が形成されていく過程を含めて心筋梗塞として取り扱うことにしている。

特殊な場合(心房細動などに合併する冠塞栓、大動脈解離による冠動脈起始部閉塞)を除いて、通常は冠動脈粥腫の破裂とそれに伴う血栓形成による冠動脈の閉塞によって心筋梗塞が形成される。しかし、心原性ショックや重篤な不整脈などで早期に死亡した場合には梗塞巣が検出されないことがある。また、冠動脈が閉塞してもその領域に十分な側副血行があることにより、梗塞巣が認められないこともある。近年、急性心筋梗塞の早期治療に血栓溶解療法やPCI(経皮的冠動脈インターベンション)などが行われるようになり、閉塞した冠動脈を再疎通するケースが増えてきた。このようなケースでは梗塞巣の範囲は縮小されることになり、なかには明らかな梗塞巣ができない場合がある。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A