後負荷〈afterload〉

後負荷は、心筋の収縮開始後に加えられる負荷のことで、収縮期の壁応力を指す。大動脈弁に異常がない場合には、一般に心室にかかる収縮時の負荷は大動脈圧に相関し、収縮期大動脈圧を後負荷の指標と考えることができる。後負荷は心室の駆出、つまり心拍出量へ影響を与え、また動脈の特性や大動脈弁から大きな影響を受ける。動脈には、2つの主な特性(Windkesselの理論)がある。1つは細小動脈の径と血液の粘性によって決定される抵抗成分であり、もう1つは大動脈をはじめとする大血管が、心臓から収縮期に供給されたエネルギーを血管壁の弾性エネルギーとしていったん蓄え、拡張期に放出することで拍動血流を緩衝させる容量成分である。これら動脈の特性は心臓の後負荷に大きな影響を与え、たとえば大動脈の動脈硬化が進展し大動脈の弾性エネルギーとしての容量成分が大きく減少した場合に、前負荷と心収縮力を変えずに心拍出量を維持するには、後負荷つまり血圧が上昇せざるを得なくなる。また、正常の心臓で後負荷が増加した場合には、適応反応がみられる。高血圧にしても大動脈弁狭窄にしても、左室の収縮期圧が上昇し後負荷が増大すると、一時的に心拍出量は減少する。しかしながら正常の適応反応がみられれば、心臓の収縮力の増加や末梢血管抵抗の減少で後負荷が代償され、心拍出量は維持される。慢性に負荷がかかれば、左室壁厚を増大させて後負荷(壁応力)を減少させるなどの適応反応も起きる。