肺動脈弁閉鎖不全[症]〈pulmonic insufficiency〉

肺動脈弁閉鎖不全症は、その成因から器質的なものと機能的なものに分けられる。器質的なものは感染(感染性心内膜炎・リウマチ)によるが、その頻度は少ない。いずれも拡張期に肺動脈から右心室に逆流を生じ容量負荷が生じるが、臨床的に肺動脈弁逆流症が心機能や血行動態に与える影響は少ない。自覚症状も、他の合併する弁膜症による症状が主なものとなる。本症の大部分は機能的に生じるものであり、その聴診所見はGraham-Steell雑音と呼ばれ、第2肋間胸骨左縁に最強点をもつ拡張期雑音は本症に特徴的である。胸部レントゲン写真では、右室・肺動脈主幹部の拡大がみられるが特異的ではなく、他の疾患に由来する。心電図所見では、右室容量負荷を反映し、不完全右脚ブロックパターンを呈することが多い。心臓超音波検査では、本症が肺高血圧症の機能的な合併症として生ずることが多いため、肺動脈のE-F勾配の低下、a波消失、三尖弁の振動・収縮期半閉鎖、左室短軸断面での収縮期心室中隔の扁平化などが認められる。カラードプラ法を用いた、肺動脈弁下の右室流出路での拡張期異常血流の検出は、そのシグナルの範囲によって重症度の評価も可能である。また超音波検査においては、感染性の弁自体の変化や、疣腫の存在が観察可能である。心臓カテーテル検査においては、肺動脈から右室への逆流を直接証明しうる。また、肺高血圧症に合併した場合には、肺動脈の収縮期圧の上昇と拡張期圧の低下が認められる。診断は聴診所見より、肺動脈弁閉鎖不全が疑われ、心臓超音波所見にて診断を確定する。

本症に対して基本的には治療は必要ではないが、感染性心内膜炎などに起因した際に弁の荒廃が強い場合には、外科的治療も考慮される。

(参考:Graham-Steell雑音

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A