三尖弁閉鎖不全[症]〈tricuspid insufficiency〉

三尖弁閉鎖不全症とは、三尖弁の接合不全により収縮期に右心室から右心房逆流を生じる疾患である。Ebstein病、心房中隔欠損症などの先天的なものと、リウマチ性、肺高血圧症などの後天的なものに分けられる。また、成因からリウマチ性、感染性心内膜炎など弁自体の器質的な変化によるものと、肺高血圧症などの右室負荷による機能的なものに分類できる。

本症では、収縮期の右室から右房への逆流によって、右房の収縮期容量負荷と右室の拡張期容量の増大が起こり、右房、中心および末梢静脈圧の上昇がみられると同時に、心拍出量が減少する。左心不全に伴い機能的に三尖弁逆流症を生じた場合、心拍出量の減少により肺動脈圧や肺毛細管圧が低下し、肺うっ血が軽減する。これにより、左心不全症状は軽快するが心拍出量低下による易疲労性や浮腫、腹水など右心不全に伴った症状が出現する。

聴診では、胸骨左縁下部(第4、5肋間)にて全収縮期雑音が聴取され、吸気にて増強し呼気で減弱する(Rivero-Carvallo徴候)。これは、静脈還流による逆流量の増加により認められるもので三尖弁逆流症の診断に有用であるが、雑音の大きさと逆流量は関係しない。心電図では心房細動を呈することが多く、右室負荷による右脚ブロックや右室負荷パターンがみられる。胸部レントゲン写真では、右房・右室の拡大を認める。心臓超音波検査では、ドプラ法やコントラスト法の併用により、収縮期に右室から右房・下大静脈への逆流が証明できる。また、断面像より右室、右房、下大静脈、肝静脈の拡大がみられ、心室中隔の奇異性運動(右室容量負荷による)がみられる。心臓カテーテル検査では、右房圧測定により著明なv波を認め右室化(ventricularization)を示すことが特徴であり、右室造影により逆流とその程度が評価される。合併する弁膜症治療に応じて治療する必要性があるが、弁の器質的変化が強ければ弁置換術が、機能的なものでは弁輪形成術が選択される場合がある。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A