M細胞〈M cell〉

心筋の脱分極および再分極過程は、心筋層において均一に進行しているわけではない。その機序として、従来は心外膜層と心内膜層の性質の違いに起因すると推測されていたが、最近、心室筋の心外膜下層には心内膜細胞、心外膜細胞あるいはプルキンエ細胞と性質の異なるM細胞が存在することが報告された。M細胞は哺乳類全般に存在が確認されている普遍的な細胞群であり、その特徴として心外膜や心内膜領域の細胞群に比較して、活動電位持続時間の著明な延長を示す。M細胞は、他の心筋細胞に比較して外向きK電流が少ないことや、再分極相の内向きNa電流が増加しているため、著明な活動電位持続時間の延長を示すと推察されている。M細胞の再分極終了点はT波の終末に一致することから、心電図における二相性のT波やU波の出現と密接に関係する。特に徐脈時や活動時間延長作用を有する種々の薬剤の使用時に、M細胞の活動電位持続時間は選択的に延長を示し、QT時間の延長、さらにはその不均一性の増大を招くことになる。現在、M細胞の状態に依存するQT時間の延長や、QT時間の不均一性と臨床的な心室性不整脈との関連性が示唆されている。