レムナント〈remnant〉

脂質が血中に供給される最大の供給源は、リン脂質・中性脂肪・アポ蛋白が球状に結合し、親水性を獲得して大量の脂質を運搬できるようになっているリポ蛋白(図1)であり、腸から外因性に取り込まれたものはカイロミクロンとして、肝臓で産生された内因性のものはVLDLとして血中に放出され脂質を運搬するが、血中を流れる間に、アポ蛋白C-Ⅱの存在下に脂肪組織や筋肉・血中に存在するLPL(リポ蛋白リパーゼ)によって、リポ蛋白に含有されるトリグリセライド(TG)が分解され、脂肪酸が切り出される。こうして変化を受けたリポ蛋白のことをレムナントと総称する。広義にはIDL(中間比重リポ蛋白)などもレムナントに含まれるが、通常は肝臓に存在するレムナント受容体で主に取り込まれるカイロミクロンの変化体(TGとアポ蛋白Eを豊富に含む)を指すことが多い。このカイロミクロン-レムナント系が、外因性に摂取された脂質を腸管から肝臓に運ぶ主経路である(図2)。Ⅰ型高脂血症ではアポ蛋白C-Ⅱ、LPLの障害によって、またⅤ型高脂血症ではアポ蛋白C-Ⅱの障害によって、レムナント産生が傷害される。逆にⅢ型高脂血症では、アポ蛋白Eの欠損によりレムナントの異化が障害されて、血中に異常増加する。

リポ蛋白の基本構造
レムナント

(参考:トリグリセライド

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A