肺動脈性肺高血圧症の治療戦略

  • 監修・講演:国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 肺循環科・肺高血圧症先端医学研究部 部長 大郷 剛 先生

会員限定コンテンツ

  • 肺動脈性肺高血圧症(PAH)は難治性疾患でしたが、近年さまざまな治療薬の開発が進みさらに治療法も進歩し、予後も改善されてきています。肺動脈性肺高血圧症の治療戦略や治療に使われる肺血管拡張薬について、お話を伺いました。(再生時間06分47秒)
    ※動画視聴後、アンケートにご協力を宜しくお願いします。

  • 動画作成:2022年07月

ケアロードLA錠60µg、タダラフィル錠20mgAD「TE」の詳細は電子添文等のDIをご参照ください。