ノルアドレナリン(=ノルエピネフリン)〈noradrenaline;NA(=norepinephrine)〉

カテコラミンの中でもノルアドレナリンは、末梢血管収縮作用が強く、皮膚、粘膜血管収縮、筋、内臓血管収縮、血圧上昇作用を示し、交感神経の神経終末より放出される。放出されたノルアドレナリンは、αとβを介してその作用を発現する。ノルアドレナリンの正常値は血中で0.06~0.50μg/mL、尿中で20~120μg/day(HPLC法)である。臨床ではその強力な昇圧作用のため、ショック、重症心不全時に緊急避難的に用いるが、心筋酸素消費量の増加や、催不整脈作用のため注意が必要である。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A