dipper〈夜間血圧下降例〉/non-dipper〈夜間血圧非下降例〉/extreme-dipper〈夜間血圧過降下例〉

血圧はさまざまな因子により変動することが知られている。正常人の血圧は、昼間に比べ夜間睡眠中には10~20%低下し、午前3時ごろに最低となったのち、覚醒に先駆け早朝から午前中にかけて上昇する。この夜間の血圧低下はdipping現象と呼ばれている。高血圧症の一部には、このdipping現象が認められない症例が存在し、O'Brienらはこれらをnon-dipper型と報告した。Dipper/non-dipperの区別は、ABPM(携帯型24時間連続血圧記録計)を用いて行う。Dipping現象を認める症例をdipper型、認めない症例をnon-dipper型と呼ぶ(図)。また、昼間の血圧より夜間の血圧のほうが上昇しているinverted-dipper型や、夜間の血圧が昼間に比べ20%以上低くなるようなextreme-dipper型も存在する。Non-dipper型高血圧症例においては、24時間あたりの血圧平均値が高くなり、臓器障害の合併頻度が高くなると考えられる。実際に、non-dipper型高血圧症例においては、dipper型に比べて脳・心臓・腎臓といった高血圧標的臓器において症候性・無症候性の臓器障害(心肥大、左室機能低下、無症候性脳梗塞、微量アルブミン尿)が進行していると報告されている。さらにinverted-dipper型では、dipper型やnon-dipper型に比べ脳卒中の発症頻度が有意に高く、十分な夜間降圧が必要である。一方、夜間降圧が著明なextreme-dipper型においても心・脳血管臓器障害が進行することが報告されている。その障害促進機序が、夜間の過度の降圧に伴う臓器虚血の進行か、夜間から早朝にかけての血圧上昇(morning surge)によるものであるのかは未解決である。

dipper/non-dipper

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A