陳旧性心筋梗塞〈old myocardial infarction;OMI〉

発症数ヵ月の不安定な時期を切り抜け、心筋梗塞巣の線維化の完成した状態をいう。病理学的には、心筋の壊死は線維化巣として修復され、壊死巣が大きな場合には左室壁は薄くなり心室瘤を形成する。梗塞に陥った部分は収縮不全を生じ、広範囲に及ぶと左室駆出分画の低下から左心不全の原因となる。

診断は心電図の異常Q波と陰性T波による。しかし、発症後徐々にR波が増大し、数ヵ月または数年で異常Q波を認めなくなる場合もある。確定診断は心エコードプラ法、心筋シンチグラフィもしくは心臓カテーテル検査にて行われる。心エコードプラ法および左室造影にて左室壁運動異常、201TI心筋シンチグラフィにて陰影欠損を認め、冠動脈造影にて冠動脈狭窄が検出されればほぼ確定となる。

本症の予後規定因子は再梗塞と心不全、および致死性不整脈である。よって本症の管理はそれらの予防および治療に重点が置かれる。再梗塞の予防は運動、喫煙、食事などの生活習慣の改善に加え、心筋梗塞の二次予防効果が明らかとなっているβ遮断薬、抗血小板薬、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬、高脂血症治療薬などによって行われる。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A