心臓の構造

心臓は胸郭の縦隔中央部に存在し、その大きさは手拳大で重量は日本人では平均300g前後である。左右それぞれ2つの心房と心室を有する中空臓器で、収縮により血液を全身諸臓器に送るポンプ機能を果たしている。

外観では中央よりやや上方で冠状に走る冠状溝と、前後両面を縦に走る前室間溝、および後室間溝によって分けられ、内部では房室中隔、心室中隔、心房中隔により右心房、右心室、左心房、左心室の4腔に分けられている。以上の4腔のうち、右心房および右心室を合せて右心系と呼び、上大静脈、下大静脈からの静脈血を肺動脈へ駆出する。これに対して左心房と左心室を合せて左心系と呼び、肺静脈からの動脈血を大動脈へ駆出する(図)。

心臓の外観(前面より)

心臓の4部の容積はほぼ等しいが、形状は著しく異なる。心室は円錐形を呈するが、心房は鈍円立方形であり、かつその内腔が前方に突出して心耳を形成している。心臓の内面から観察すると心房は一般に平滑であるが、心耳の内面には交錯し網状に走る筋線維束の隆起した櫛状筋が存在している。心室では、多数の櫛状筋に加えて円錐状に突出する乳頭筋が存在する。乳頭筋は隣接する2枚の房室弁の中間部下方に位置し、その尖端から複数の細い腱索を出して、相対する2枚の弁の辺縁およびその下面に付着している。壁の厚さは左心室で特に厚く、右心室のおよそ3倍にあたる。

心臓の壁構造は内膜、心筋、外膜の3層構造からなる。心外膜は臓側心膜から大血管の根部で反転後、心嚢腔を形成する壁側外膜へつながっていき、静脈と動脈の断端で心臓をつないだ状態となる。