シンビット静注用の溶解調製法

1バイアルを50mLに溶解(1mg/mL)する方法を例示します。


1.溶解準備(用時溶解!)

  • シンビットバイアル
  • ディスポシリンジ
  • ピンク針
  • 生理食塩水50mLまたは5%ブドウ糖注射液50mL
矢印

2.溶解・調製(溶解液は24時間以内に使用!)

  • 輸液ボトルより適量抜き取る

    .50mL輸液ボトルより適量(5mL程度)抜き取る。

  • シンビットバイアルに注入

    .シンビットバイアルに抜き取った液を注入する。(シンビットの溶解を確認。)

  • 矢印
  • シンビット溶液のシリンジ抜き取り

    .溶解液を全てシリンジに抜き取る。

  • 溶液を輸液ボトルに戻す

    .Ⅲで抜き取った溶解液を、元の輸液ボトルに戻す。

矢印

3.投与

単回静注法

  • ■ 体重別投与量早見表を参考に輸液ボトルより必要量をシリンジで抜き取り、5分間かけて心電図の連続監視下に静脈内に投与する。
シリンジ抜き取り

単回静注が有効で効果の維持を期待する場合

矢印

維持静注法

  • ■ 輸液セットもしくはインフュージョンポンプを用いて静脈内に投与する。体重別投与量早見表を参考に1時間あたり等速度で心電図の連続監視下に静脈内に投与する。
  • インフュージョンポンプ
輸液セット

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。