Q18.AEDと貼り薬

Q18.AEDを使用するとき貼り薬はどうするの?

解説

  • ●2004年7月1日より、一般市民が自動体外式除細動器:AED(図1)を使用して心臓突然死を救命できる体制がスタートしました。これは、「救命の連鎖」の出発点を拡げることで「時間の壁」を乗り越え、院外での心停止例の救命率を向上させることを目的としています(図3)。
  • 図1 AEDと操作法

    AEDと操作法
    クリックで拡大
  • 図3 心室細動による心停止後の退院にいたる救命の可能性と心停止から除細動までの時間との関係

    心室細動による心停止後の退院にいたる救命の可能性と心停止から除細動までの時間との関係
    クリックで拡大
  • ●AEDの各種ガイドラインやマニュアルでは、電極パッドを貼付するときに特に注意をはらうべき状況について勧告されています。
    • (1)傷病者の胸が濡れている場合
    • (2)電極パッドを貼り付ける位置に貼付剤がある場合
    • (3)前胸部に植込み型除細動器(ICD)やペースメーカーが植込まれている場合
  • ●AHAの「心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2005」においても、「AEDの電極パッドは、貼付剤の上に直接に装着してはならない。」と記載しています。理由として「貼付剤によりAEDの電極パッドから心臓への電気エネルギーが遮断され、皮膚への小さな火傷を起こす可能性がある。金属成分を含む経皮貼付物にAEDを使用して皮膚に火傷を起こした報告がある。これを回避するために金属性の貼付物は使用されなくなった。AED電極パッドを装着するまえに、経皮的貼付薬剤は除去して、その部分をきれいに拭き取る必要がある」と注意を喚起しています。
  • ●今回の「使用の安全」確保のためのアンケート調査の結果でも、「心臓用貼り薬は胸部に貼付する」とのコメントが数多く見受けられたため、AEDの電極パッドを装着する際にはご注意下さい。
  • ●AED使用時に剥がした貼り薬は、心肺停止者の既往歴が解り、病院搬入後の治療に有用な情報となりますので、救急隊を通じて医師に提供するよう講習会などでもご指導下さい。

関連情報:資料2「AEDと心臓用貼り薬、貼る場所アンケート」をご参照下さい。

質問へ戻る

効能・効果、用法・用量、禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

図1 AEDと操作法

AEDと操作法
  • (1)AEDの電源を入れます。
  • (2)電極パッドを貼ります。
  • (3)傷病者から「離れて」、AEDに心臓のリズムを解析させます。
  • (4)傷病者から「離れて」、電気ショックを加えるボタンを押します。

岡田和夫、三田村秀雄 監訳: 実践AEDマニュアル: 中山書店2004年; 第1版より抜粋改編

図2 心室細動による心停止後の退院にいたる救命の可能性と心停止から除細動までの時間との関係

心室細動による心停止後の退院にいたる救命の可能性と心停止から除細動までの時間との関係

岡田和夫、美濃部嶢監修; 「AHA心肺蘇生と救急心血管治療のための国際ガイドライン2000日本語版」:
BIOMEDIS; 71-89 より抜粋改編

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • 全身性 貼るタイプの薬とスキンケア
  • フランドルテープの使い方
  • ビソノテープ製品特性ページ
  • ビソノテープQ&A
  • 製品に関するよくあるご質問