心室細動〈ventricular fibrillation;VF〉

心室内で多数の不規則な興奮が発生した状態で、心臓は単に震えているだけでポンプ機能は全く失われ数秒間で意識は消失し、適切な処置が行われずに数分以上持続すると確実に死亡する最も致死的な不整脈である。心室細動は心臓突然死の70~80%を占めるといわれており、心電図では150~500/分の形状、大きさ、間隔がまちまちの心室波が連続して出現し、P波、QRS波、T波の識別は不可能である。一般にはR on T型(図)や多源性心室性期外収縮、心室頻拍、torsade de pointes(TdP)などから移行することが多い。原疾患としては虚血性心疾患、心筋症、弁膜症、心筋炎などの器質的疾患、WPW症候群、QT延長症候群、薬剤性、電解質異常に加え、全く基礎疾患を有さない特発心室細動も認められる。

R on Tからの心室細動

治療としては、心室細動発作時には心肺蘇生を施行しつつ直ちに200~400Jでの電気的除細動を施行する。

心室細動再発予防のために基礎疾患の治療に加え、β遮断薬やアミオダロンなどの投与が有効であるが、これらが無効である場合には植込み型除細動器(ICD)が必要である。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A