上室[性]期外収縮〈supraventricular premature contraction;SVPC〉

臨床上よくみかける不整脈であり、健常者でも認めるが、心房筋障害や心房負荷があると発生しやすい。洞結節の刺激頻度より早期に異所性刺激の発生が心房あるいは房室接合部に起こるもので、それぞれ心房性期外収縮(atrial premature contraction;APC)、房室結節性期外収縮(房室接合部期外収縮、atrioventricular junctional extrasystole)と呼ばれている。発生機序として異常自動能の亢進、撃発活動(triggered activity)などの刺激生成の異常や、興奮伝導の異常としてのリエントリーがある。心電図では変形したP波の早期出現を認め、QRS波形は洞調律時のものと同一である。しかし、早期収縮性のP波に続くQRSが幅広い場合もあり、これを心室内変行伝導という。刺激が心室内を通過するとき一方の脚(主として右脚)に不応期が残っており脚ブロックとなるために起こる現象であり、心室性期外収縮との鑑別が必要である。

数が少なく自覚症状が少ない場合は経過観察でよいが、自覚症状が強い場合や、多発性、多源性で心房細動に移行する可能性がある場合には治療の対象となる。薬物療法では、Ⅰa群抗不整脈薬(ジソピラミド、シベンゾリン、プロカインアミド)、Ⅰb群抗不整脈薬(アプリンジン)、Ⅰc群抗不整脈薬(プロパフェノン、フレカイニド)、β遮断薬などが用いられる。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • やさしい心電図の見方
  • 心臓・血管病アトラス
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A