講演会情報

  • 研究会情報
  • セミナー情報
  • 学会カレンダー
日程 研究会名 会場
2017年7月8日(土)
開催

第38回 冠不全研究会 プログラム
テーマ「わが国の循環器診療の過去・現在・未来」

  • 座長:日本心臓血圧研究振興会
    理事長 細田 瑳一 先生
  • 調査集計報告:アンケート集計結果報告、心筋梗塞治療実態調査研究
  • 特別レクチャー:日常診療のピットホール-温故知新-
    1:『1枚の心電図を診て判断する心筋梗塞と紛らわしい心電図所見』
    2:『1枚の心電図からここまで判る-心電図の深読み』
    3:『降圧だけではない高血圧治療』
    4:『高齢者に多い収縮機能の保たれた心不全(HFpEF)の私の治療方針』
  • 特別講演1:『病診連携のあゆみ-冠不全研究会からのメッセージ-』
  • 特別講演2:『循環器診療の内科、外科の質の高いチーム医療のあゆみ』
  • 特別講演3:『冠不全の臨床の歴史』
イイノホール
2016年12月17日(土)
開催

セミナーカルジオロジー2016 プログラム

  • 総合司会:東京医科大学 循環器内科
    主任教授 山科 章 先生
  • Seminar1:『病理から見るACSの発症機序』
  • Seminar2:『CTEPHの治療:PEA surgeonの視点から』
  • Seminar3:『周産期(産褥性)心筋症の最新知見』
  • Seminar4:『中性脂肪蓄積心筋血管症-1日でも早くこの難病を克服する-』
経団連会館 2階 国際会議場
2016年7月9日(土)
開催

第37回 冠不全研究会 プログラム
テーマ「心拍数からみた循環器疾患治療戦略の光と影」

  • 座長:東京医科大学 循環器内科
    教授 山科 章 先生
  • 症例呈示:『高心拍で早朝高血圧例の治療経験』
  • 講演1:『心拍数からみた高血圧治療戦略』
  • 講演2:『心拍数からみた冠動脈疾患治療戦略』
  • 講演3:『自律神経からみた不整脈治療戦略』
  • パネルディスカッション
イイノホール
2015年12月12日(土)
開催

セミナーカルジオロジー2015 プログラム

  • 総合司会:国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
    顧問 山口 徹 先生
  • Seminar1:『虚血性心疾患に対する低出力体外衝撃波治療』
  • Seminar2:『僧帽弁閉鎖不全に対するカテーテル治療~MitraClipを中心に~』
  • Seminar3:『不整脈に対する外科治療とデバイス治療の最近の動向』
  • 25周年記念講演:『冠動脈インターベンションと歩んで四半世紀』
経団連会館 2階 国際会議場
2015年7月18日(土)
開催

第36回 冠不全研究会 プログラム
テーマ「心血管イベント抑制を目指した治療戦略」

  • 座長:千葉大学大学院医学研究院 循環器内科学
    教授 小林 欣夫 先生
  • 症例呈示:『心血管イベントリスクを有する高血圧症例』
  • 講演1:『心筋梗塞後の心血管イベント抑制のための治療戦略』
  • 講演2:『パーフェクト24時間血圧コントロールのための治療戦略』
  • 講演3:『心血管イベント抑制のための心拍数調節治療』
  • パネルディスカッション
イイノホール
2015年2月6日(金)
動画公開

第35回 冠不全研究会(2014年7月19日開催)ストリーミングムービー
テーマ「ハイリスク合併症を有する高血圧治療」

  • 座長:群馬大学大学院医学系研究科 臓器病態内科学
    教授 倉林 正彦 先生
  • 症例呈示:『ハイリスク合併症を有する高血圧治療例』
  • 講演1:『虚血性心疾患を伴う高血圧治療』
  • 講演2:『心房細動を伴う高血圧治療』
  • 講演3:『心不全を伴う高血圧治療』
  • パネルディスカッション
イイノホール
2014年12月20日(土)
開催

セミナーカルジオロジー2014 プログラム

  • 総合司会:国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
    顧問 山口 徹 先生
  • Seminar1:『新しいカテーテル型心臓循環補助器IMPELLAの効果と米国での臨床応用』
  • Seminar2:『循環器専門医も知っておくべき最近の経口糖尿病治療薬の使い方』
  • Seminar3:『自己心膜を使用した大動脈弁再建術』
  • Seminar4:『エキシマレーザー血管形成術の効果と将来への展望』
経団連会館 2階 国際会議場
2014年3月24日(月)
動画公開

第34回 冠不全研究会(2013年7月20日開催)ストリーミングムービー
テーマ「リスクベネフィットに着目した最新の心房細動診療」

  • 座長:国際医療福祉大学三田病院
    院長 小川 聡 先生
  • 症例呈示:『抗凝固療法下でも脳塞栓を発症した発作性心房細動例』
  • 講演1:『実地医家のための抗心房細動薬の選び方と使い方/導入と休薬』
  • 講演2:『心房細動患者の脳卒中予防療法/ワルファリンと新規抗凝固薬の使い分け』
  • 講演3:『心房細動のカテーテルアブレーション後の薬物治療/診療ガイドラインの役割と可能性』
  • パネルディスカッション
イイノホール
2013年12月21日(土)
開催

セミナーカルジオロジー2013 プログラム

  • 総合司会:国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
    顧問 山口 徹 先生
  • Seminar1:『高血圧から拡張不全へ~何故なるの、どう治すの~』
  • Seminar2:『CTEPHに対するカテーテル治療(BPA)』
  • Seminar3:『FAME試験以降 FFR guide Intervention により見えてきたもの』
  • Seminar4:『Drug Eluting Balloonをめぐる現況』
経団連会館 2階 国際会議場
2013年4月18日(木)
動画公開

第33回 冠不全研究会(2012年7月21日開催)ストリーミングムービー
テーマ「実地医家が知っておきたい急性冠症候群の診断と治療-どの症例を入院させるべきか-」

  • 座長:東京医科大学病院 循環器内科
    主任教授 山科 章 先生
  • 症例呈示:『胸痛を訴える急性冠症候群患者の病診連携の実際例』
  • 講演1:『急性心筋梗塞を見逃さないためには何が必要か-検査所見の読み方とピットホール』
  • 講演2:『急性冠症候群患者の治療の実際-緊急入院から退院まで』
  • 講演3:『たかが硝酸薬、されど硝酸薬!?-心筋梗塞二次予防ガイドライン(2011年改訂版)にみる硝酸薬の位置づけ-』
  • パネルディスカッション
イイノホール
2012年12月8日(土)
開催

セミナーカルジオロジー2012 プログラム

  • 総合司会:国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
    院長 山口 徹 先生
  • Seminar1:『経カテーテル的腎除神経術による新しい高血圧治療』
  • Seminar2:『冠動脈イメージングは予後評価にどこまで役立つか?』
  • Seminar3:『大動脈ステントグラフトの現状と今後の課題』
  • Seminar4:『生体吸収性ステントの現状と未来-4th revolution in coronary intervention?-』
経団連会館 経団連ホール
2012年2月28日(火)
動画公開

第32回 冠不全研究会(2011年7月16日開催)ストリーミングムービー
テーマ「実地医家が知っておきたい高齢者心疾患の診断と治療-初診から搬送入院までの病診連携」

  • 座長:石川循環器クリニック
    院長 石川 辰雄 先生
  • 症例呈示:『不定愁訴を訴える高齢者急性冠症候群-食欲不振を初発症状とした高齢者AMIの1例-』
  • 講演1:『非定型的な症状を呈する高齢者急性冠症候群の診断と搬送入院のポイント』
  • 講演2:『動悸・息切れを訴える高齢者の診断と搬送入院のポイント』
  • 講演3:『高齢者心疾患の治療のポイント』
  • パネルディスカッション
ニッショーホール
2011年12月10日(土)
開催

セミナーカルジオロジー2011 プログラム

  • 総合司会:国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
    院長 山口 徹 先生
  • Seminar1:『心エコーによる心筋虚血の診断はどこまで進んだか』
  • Seminar2:『循環器医が診る睡眠呼吸障害』
  • Seminar3:『重症虚血肢に対する血管内治療での挑戦』
  • Seminar4:『Hybrid治療室で開けるCardiologyの“Hybrid Thinking”』
東京国際フォーラム

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行