QT時間に及ぼす影響

本剤の単回静注により、QT時間の延長は静注終了直後から2.5分後に最大変化を示し、その後は速やかに減弱し、静注終了後15~30分には延長作用はほぼ消失しました。

QT延長率の推移

QT延長率の推移

試験概要

対象:健康成人男子17例
試験方法:本剤0.1~0.4mg/kgを5分間かけて単回静注し、心電図等を測定した。

加藤貴雄, 他: 臨床医薬, 13(7), 1659(1997)

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • 薬剤師のための“不整脈”入門講座
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用投与ガイド
  • シンビット静注用の溶解調製法
  • アミオダロン安全使用実践マニュアル