薬物動態

■ 単回静注

単回静注時における血漿中濃度(未変化体)の推移

単回静注時における血漿中濃度(未変化体)の推移

試験概要

対象:健康成人男子17例
試験方法:本剤0.1~0.4mg/kgを5分間かけて単回静注し、薬物動態を解析した。

加藤貴雄, 他: 臨床医薬, 13(7), 1659(1997)

■ 維持静注

維持静注時における血漿中濃度(未変化体)の推移

維持静注時における血漿中濃度(未変化体)の推移

試験概要

対象:健康成人男子6例
試験方法:本剤0.4mg/kgを5分間かけて負荷静注した後、維持静注用量として0.8mg/kg/hrあるいは0.4mg/kg/hrを6時間にわたって連続静注した。

加藤貴雄, 他: 臨床医薬, 13(7), 1675(1997)

■ 薬物動態学的パラメータ

各試験の概要は上部をご参照ください。





投与群* T1/2α
(min)
T1/2β
(hr)
Vdc
(L/kg)
CL
(L/hr/kg)
AUC0~∞
(ng・hr/mL)
0.1mg
(n=6)
3.32±0.82 2.07±0.44 0.14±0.04 0.73±0.10 137±35
0.2mg
(n=6)
3.28±0.30 1.73±0.27 0.15±0.07 0.84±0.18 228±48
0.3mg
(n=6)
2.95±0.29 1.53±0.23 0.13±0.01 0.85±0.09 321±37
0.4mg
(n=5)
3.63±1.33 1.65±0.16 0.21±0.12 1.01±0.15 382±51




投与群** Cinf0.5***
(ng/mL)
Cinf4***
(ng/mL)
Cinf6***
(ng/mL)
T1/2β
(hr)
AUC0~24hr
(ng・hr/mL)
0.4+
0.4mg
(n=6)
423±43 543±71 557±70 1.15±0.08 3774±346
0.4+
0.8mg
(n=6)
790±51 1133±101 1148±174 1.02±0.06 7379±580

mean±S.D.

*:mg/kg/5min、**:負荷静注(mg/kg/5min)+維持静注(mg/kg/hr×6hr)、
***:維持静注開始後30分、4時間および6時間の血漿中濃度

加藤貴雄, 他: 臨床医薬, 13(7), 1659(1997)

加藤貴雄, 他: 臨床医薬, 13(7), 1675(1997)

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • 薬剤師のための“不整脈”入門講座
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用投与ガイド
  • シンビット静注用の溶解調製法
  • アミオダロン安全使用実践マニュアル