Torsades de pointes(TdP)の予防・処置

■ TdPの予防

  • ① 低用量の初期投与量から始める。
  • ② 低K血症に注意し、血清K値を4.5mEq/L前後に保つ。1)
  • ③ 心電図モニターあるいは12誘導心電図でQT=500msec、あるいはQTc=550msec以上に延長した場合は減量ないしは中止を考慮する。
  • ④ 同一の点滴量を投与していても、突然にTdPが出現することがあるので、心電図モニターの監視を継続する。
  • ⑤ 徐脈(60/分以下)、心室期外収縮(PVC)の多発、T波形の変化やQTcが顕著に延長(QTc>600msec)した場合は、速やかに中止する1)
  • ⑥ 人工ペーシングが可能な症例では、心拍数70~80/分を維持する。
  • 1)栗田隆志, 他: 心電図, 24(Suppl. 3), 67(2004)
  • 2)佐藤勘治, 他: 皮膚病診療, 24(4), 413(2002)
  • 3)Okamura H, et al:. Heart, 90(10), 1106(2004)
  • 4)上野和行, 他: 医療薬学, 29(3), 351(2003)

栗田隆志, 他: 心電図, 29(1), 10(2009)

■ TdPの処置

  • ■ TdPが発生した場合は、直ちに投与を中止する。(本剤は半減期が短いため、比較的速やかにQTは短縮することが期待される。)
  • ■ MgSO4(硫酸マグネシウム)の静注(0.5~1.0g;5分間以上かけて緩徐に静注)や、一時的に行う人工ペーシング(70~80/分)などが有効である。1)2)

  • 1)Kurita T, et al: PACE, 20(3), 695(1997)
  • 2)栗田隆志: Torsade de pointesの対処法, 心臓病 専門医にきく最新の臨床, 74-76(中外医学社, 1998)

栗田隆志, 他: 心電図, 29(1), 10(2009)

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用投与ガイド
  • シンビット静注用の溶解調製法
  • アミオダロン安全使用実践マニュアル