投与時の注意点

  • ● 長期間の静注継続により、血管内に結晶形成が生じることが報告されています。1)2)3)4)
  • ● 中心静脈からの持続点滴で、ペースメーカやICDを有する場合はその静脈内に付着する血栓(腫瘤)を形成することが報告されています。3)

■ 血管合併症の予防

  • ① 溶解は1mg/mL以下の濃度とし、生理食塩液または5%ブドウ糖注射液を溶解液に用いる。
  • ② 同一ルートからのアルカリ性の薬剤注入は避ける
  • ③ 末梢ラインから点滴する場合は数日おきに穿刺部位を変える。
  • ④ 長期間の使用はできるだけ避けるべきだが、やむをえない場合は中心静脈から投与し、血栓予防目的にヘパリン*を併用する。
  • ⑤ 中心静脈経由であってもペースメーカやICD植込み患者へ投与する場合は特にラインへの感染などに十分に注意する。1)4)
  • * 本剤と配合する場合は、配合変化を生じることがあるので、混注する場合は注意すること。
  • 1)栗田隆志, 他: 心電図, 24(Suppl. 3), 67(2004)
  • 2)佐藤勘治, 他: 皮膚病診療, 24(4), 413(2002)
  • 3)Okamura H, et al:. Heart, 90(10), 1106(2004)
  • 4)上野和行, 他: 医療薬学, 29(3), 351(2003)

栗田隆志, 他: 心電図, 29(1), 10(2009)

■ 配合変化が確認されている主な薬剤

以下の薬剤は、シンビット溶液との混合によって、直後から3時間後までの間に配合変化が認められていますので、特に、維持静注の際に同一ラインから投与することは避けてください。

利尿剤 ● ソルダクトン静注用100mg ● ラシックス注100mg
強心剤 ● イノバン注100mg ● カタボン・Hi注600mg
不整脈用剤 ● 静注用キシロカイン2% ● アスペノン静注用100
● アデホス-Lコーワ注40mg ● タンボコール静注50mg
血液代用剤 ● ヴィーンF輸液 ● メイロン静注7%・8.4%
全身麻酔剤 ● ラボナール注射用0.3g
催眠鎮静剤 ● セルシン注射液10mg
その他の薬剤 ● プロテアミン12注射液 ● ザンタック注射液50mg・100mg
● ニコリン注射液250mg・500mg ● ヘパリンNa注5千単位/5mL「モチダ」・1万単位/10mL「モチダ」

シンビット®静注用50mgインタビューフォーム2015年12月改訂(第10版)参照

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用投与ガイド
  • シンビット静注用の溶解調製法
  • アミオダロン安全使用実践マニュアル