投与方法(安全にお使いいただくために)

  • ■ 体重別に投与量設定をしてください。(「体重別投与量早見表」をご参照ください)
  • ■ 投与量の調節にはQT時間が目安となります。
  • ■ QT時間を延長させるため単回静注0.10~0.30mg/kg、維持静注0.10~0.20mg/kg/時の低用量投与で開始し、QT間隔(QTc)を見ながら漸増する方法を考慮してください。
  • ■ 本剤は尿中未変化体排泄率が30%で、残りは肝で代謝されるため、肝腎機能低下例では低用量からの投与を考慮してください。

志賀剛, 他: Medical Practice 30(8),1373(2013)より改変

単回静注法
単回静注法 5分間かけて心電図の連続監視下のもと静脈内に投与する。

単回静注が有効で効果の維持を期待する場合

矢印

維持静注法
生理食塩液ボトルに溶液を戻す 輸液セットもしくはインフュージョンポンプを用いて、心電図の連続監視下のもと等速度で静脈内に投与する。

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書等DIをご参照ください。

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • シンビット静注用を安全に使用するために
  • シンビット静注用投与ガイド
  • シンビット静注用の溶解調製法
  • アミオダロン安全使用実践マニュアル