Q08.テープが浮いたとき

Q08.汗でテープが浮いたり、大きなシワが出来たりしたら、どうしたらいいの?

実際のコメント

Answer

いったんテープを剥がして、汗で濡れた肌を清潔なタオルなどで拭き取り、テープのシワを伸ばしてから、部位を変えて貼り直して下さい(図1)。

  • 図1 汗でテープが浮いたり、大きなシワができた場合の貼り直し方

    汗でテープが浮いたり、大きなシワができた場合の貼り直し方
    クリックで拡大

貼り直した後も安定した血中濃度推移が認められています(図2)。
フランドルテープは、角質保護システム(Skin Protection System)®を採用したことで粘着剤表面の粘着力が保たれるため、貼り直すことができます(図3)。

  • 図2 貼り直した時の血中硝酸イソソルビド濃度推移

    貼り直した時の血中硝酸イソソルビド濃度推移
    クリックで拡大
  • 図3 テープを再貼付した時の粘着性

    テープを再貼付した時の粘着性
    クリックで拡大
もっと詳しく知りたい方へ

アンケート調査での医療従事者・患者さまからのコメント

  • 汗などに濡れたときなどは剥がれ易い
  • 汗が出るとブツブツになる。効果はあるのか?
  • 貼っている内に下着でズレたり角がハガレることがある
  • 一度貼ったものは、もう一度使用できるの?
  • 途中(24hr以内)で剥がれたら、もう一度使用できるの?新しいものを貼っていいの?

図1 汗でテープが浮いたり、大きなシワができた場合の貼り直し方

汗でテープが浮いたり、大きなシワができた場合の貼り直し方

図2 貼り直した時の血中硝酸イソソルビド濃度推移

貼り直した時の血中硝酸イソソルビド濃度推移

健康成人男子6名に、フランドルテープSを24時間貼付した後いったんテープを剥がし、部位を変えてさらに24時間貼付した時の血中硝酸イソソルビド濃度を測定したところ、再貼付後も安定した血中濃度推移が認められました。

村島正博ほか:薬理と治療1993;21(4): 1059-1066
※試験データの説明は、実施時の製品名で記載

図3 テープを再貼付した時の粘着性

テープを再貼付した時の粘着性

健康成人男子6名を対象に、フランドルテープSを同一部位および異なる部位に30分間4回繰り返し貼付したところ、再貼付時においても充分な粘着性が認められ、使用時に貼り直しが可能であることが示されました。

村島正博ほか:薬理と治療1993;21(4): 1059-1066
※試験データの説明は、実施時の製品名で記載

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • フランドルテープの使い方
  • ビソノテープ製品特性ページ
  • ビソノテープQ&A