Q04.取り出し方・保管方法

Q04.フランドルテープのアルミ袋からの取り出し方や、使用期限・保管方法は?

実際のコメント

Answer

アルミ袋にある3箇所のV型切り口を数字の順に切り開け、アルミ袋を大きく開いてテープを取り出して下さい(図1)。
開封前の使用期限は、アルミ袋に年月が印字されていますので、そちらをご確認下さい(図1)。
使用するまでは、アルミ袋を開封せずに高温多湿な場所や日のあたる場所を避け、室温で保存して下さい(表1)。
アルミ袋を開封した場合の保管は、アルミ袋に戻しなるべく空気に触れない様に保管して下さい。アルミ袋を紛失された場合は、清潔なビニール袋などに入れて保管して下さい。

  • 図1 アルミ袋からの取り出し方

    アルミ袋からの取り出し方
    クリックで拡大

■表1 テープを各種条件下で保存した際の主成分(硝酸イソソルビド)の残存率

貯法・保存条件は? 開始時 1ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 12ヵ月 24ヵ月 36ヵ月
アルミ袋未開封室温で保存 100.0% 98.0% 98.2% 98.0% 99.2% 98.3%
アルミ袋未開封高温多湿
(40℃相対湿度75%)で保存
100.8% 100.3%
アルミ袋未開封冷所(5℃)で保存 100.0% 99.3%
アルミ袋を開封して保存
(25℃相対湿度75%)
101.0% 100.3%

本剤インタビューフォームより抜粋改編

その他、アルミ袋から取り出した状態で7日間保存した際の安定性を試験した結果でも、外観、粘着力、主成分含量とも、開始時に比べ変化は認められませんでした(主成分硝酸イソソルビドの残存率:開始時100.0%→7日99.4%)が、アルミ袋はテープを使用する直前に開封して下さい。

もっと詳しく知りたい方へ

アンケート調査での医療従事者・患者さまからのコメント

  • 内袋(アルミ袋)を、特に高齢者に開封しやすいように、工夫できないでしょうか?
  • 袋から取り出しにくく、高齢者は使いにくいのではないでしょうか?
  • もらった貼り薬を缶に入れて保管しているが使用期限は?
  • 内袋(アルミ袋)を開封してから、テープの有効期間はどのくらいですか?
  • 一度剥がした時の安定性や効果は?
  • 1枚ごと袋に入れないで、5枚単位で入れてはどうか、経費節減で量が少なくて良い

図1 アルミ袋からの取り出し方

アルミ袋からの取り出し方

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • フランドルテープの使い方
  • ビソノテープ製品特性ページ
  • ビソノテープQ&A