【資料2】AEDと貼る場所アンケート

【資料2】AEDと心臓用貼り薬、貼る場所アンケート

調査期間:2005年12月~2006年4月

心停止になった患者さんを救うための機器、AED(Automated External Defibrillator:自動体外式除細動器)が普及してきています(→Q18参照)。しかし、心臓用貼付剤を貼付していると、AEDによる除細動の妨げとなる可能性があります。

そこで、実際に心臓用貼り薬を貼付するとき、どこに貼付するかについて、一般の方(男・女)および医療従事者(医師、薬剤師、看護師)に対しアンケートを実施しました。

アンケート

【Q1】

この薬は、皮膚からの吸収により、全身的な効き目をあらわす「フランドル・テープS」という心臓病用の薬です。この薬は、胸部、上腹部、背部に1日1回貼ることになっています。さて、アナタは、どこに貼りますか?貼る場所にチェックをお願いします。

□胸部 □上腹部 □背部

【Q2】

「フランドル・テープ」を胸部に貼ると回答した人にお聞きします。その理由は何ですか?

  • □心臓に近いので、よく効くのでは...と思うから
  • □貼りやすいから
  • □うまく貼れているかどうかを確認しやすいから
  • □特に理由はない
  • □その他(                         )

【Q3】

AED使用時に剥がした貼付剤を、患者が搬入された医療機関の医師に見せる必要があると思いますか?

  • □必ず見せる必要がある
  • □できれば見せた方がよい
  • □どちらでもよい
  • □その他(                         )

調査データの説明は、実施時の製品名で記載

■結果

  • 図1 テープを貼る場所について

    テープを貼る場所についての質問
    クリックで拡大
  • 図2 そこに貼る理由

    そこに貼る理由
    クリックで拡大
  • 図3 除去した貼付剤を救急搬送先の医師に見せる必要性について

    除去した貼付剤を救急搬送先の医師に見せる必要性について
    クリックで拡大

心臓用貼付剤を貼る場所については、一般の方、医療従事者を問わず、胸部という答えが一番多く寄せられました。 胸部に貼付する理由としては、一般の方は「心臓に近い」、「貼りやすい」ということが、医療従事者においては、「貼りやすい」、「確認しやすい」ということが挙げられました。

一般の方と医療従事者で理由は異なるものの、胸部に貼付するという点では、同じ結果であり、やはり、AED使用にあたっては、確実に貼付剤を除去するという指導が必要であると考えられます。また、搬送後の医療機関の医師に除去した貼付剤を見せることにより、以後の治療方針の決定の参考にしてもらうことも重要です。

調査実施:古川 裕之 金沢大学医学部附属病院 臨床試験管理センター
(現 山口大学大学院医学系研究科)
薬事日報電子新聞2006年6月5日掲載

図1 テープを貼る場所について

テープを貼る場所についての質問

金沢大学医学部附属病院 臨床試験管理センター 古川 裕之
(現 山口大学大学院医学系研究科)

図2 そこに貼る理由

そこに貼る理由

金沢大学医学部附属病院 臨床試験管理センター 古川 裕之
(現 山口大学大学院医学系研究科)

図3 除去した貼付剤を救急搬送先の医師に見せる必要性について

除去した貼付剤を救急搬送先の医師に見せる必要性について

金沢大学医学部附属病院 臨床試験管理センター 古川 裕之
(現 山口大学大学院医学系研究科)

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • フランドルテープの使い方
  • ビソノテープ製品特性ページ