Q22.薬物動態に加齢の影響はありますか?

Q22.薬物動態に加齢の影響はありますか?

Answer

健康高齢者(65歳以上)と健康非高齢者(20歳以上35歳以下)にビソノテープ8mgを14日間反復投与したとき、血漿中ビソプロロール濃度推移は高齢者で若干高いものの、高齢者と非高齢者で同様の推移を示し、Cmax及びAUCも大きく異なりませんでした(→図1)。

しかしながら、一般的に高齢の患者さんは腎機能が低下していることが多いため、腎機能に注意が必要です

腎機能障害のある患者さんでは、本剤の血中濃度が上昇するおそれがありますので、1日1回4mgより投与を開始することをご考慮ください(→Q21参照)。

  • 図1 健康高齢者及び非高齢者における薬物動態(反復投与)

    図1 健康高齢者および非高齢者における薬物動態(反復投与)
    クリックで拡大

また、高齢の患者さんには次の点にも注意し、少量から投与を開始するなど患者さんの状態を観察しながら慎重に投与するようにお願いします。

(1) 高齢者では一般に過度の降圧は好ましくないとされている。
[脳梗塞等がおこるおそれがある。]
(2) 高齢者では徐脈等の心拍数・心リズム障害があらわれやすいので、このような症状があらわれた場合には減量又は投与を中止すること。
(3)

休薬を要する場合は、徐々に減量する。
[「重要な基本的注意」の項参照]

詳細はビソノテープの製品情報をご参照ください。(添付文書等DIはこちら

図1 健康高齢者及び非高齢者における薬物動態(反復投与)

■ビソノテープ8mgを反復投与(1日1回24時間貼付)したときの血漿中ビソプロロール濃度の推移

腎機能障害患者における血漿中ビソプロロール濃度の推移(貼付7日目)

<試験方法>
健康高齢者(65歳以上)及び健康非高齢者(20歳以上35歳以下)にビソノテープ8mgを1日1回、14日間貼付したときの薬物動態パラメータを検討した。

承認時評価資料
トーアエイヨー社内資料:薬物動態試験成績;反復投与

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープの貼り方説明書
  • ビソノテープ製品特性ページ
  • The 対談!高血圧治療に新たな選択肢登場
  • JSH2014改訂のポイント~β遮断薬を中心に~
  • 高血圧診療におけるβ遮断薬の役割~β1遮断貼付薬への期待~
  • 長時間作用型β遮断薬の有用性
  • 降圧テープ剤としてのビソノテープ
  • フランドルテープQ&A