Q01.ビソノテープの適応症と用法・用量を教えてください。

Q01.ビソノテープの適応症と用法・用量を教えてください。

Answer

ビソノテープの適応症と用法・用量は以下のとおりです。

■表1 ビソノテープ4mg・8mgの効能・効果、用法・用量

効能・効果 本態性高血圧症(軽症~中等症)
用法・用量 通常、成人にはビソプロロールとして8mgを1日1回、胸部、上腕部又は背部のいずれかに貼付し、貼付後24時間ごとに貼りかえる。
なお、年齢、症状により1日1回4mgから投与を開始し、1日最大投与量は8mgとする。
用法・用量に関連する使用上の注意

(1)褐色細胞腫の患者では、本剤の単独投与により急激に血圧が上昇することがあるので、α遮断剤で初期治療を行った後に本剤を投与し、常にα遮断剤を併用すること。

(2)腎機能障害のある患者では、本剤の血中濃度が上昇するおそれがあるため1日1回4mgより投与を開始することを考慮すること。[「薬物動態」の項参照]

ビソノテープ製剤写真

ビソノテープの製剤写真

詳細はビソノテープの製品情報をご参照ください。(添付文書等DIはこちら

製品情報一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープの貼り方説明書
  • ビソノテープ製品特性ページ
  • The 対談!高血圧治療に新たな選択肢登場
  • JSH2014改訂のポイント~β遮断薬を中心に~
  • 高血圧診療におけるβ遮断薬の役割~β1遮断貼付薬への期待~
  • 長時間作用型β遮断薬の有用性
  • 降圧テープ剤としてのビソノテープ
  • フランドルテープQ&A