24時間にわたり降圧効果を示します。

ビソノテープ 1日1回貼付時の血圧及び脈拍数の変化

ビソノテープ4mg群、8mg群の拡張期血圧、収縮期血圧及び脈拍数の1時間ごとの推移は、治療前値と比較しほとんどの時間で有意な低下又は減少が認められました。



【副次評価項目】ABPMにおける収縮期血圧、拡張期血圧及び脈拍数の1時間ごとの推移
ABPMにおける収縮期血圧、拡張期血圧及び脈拍数の1時間ごとの推移

試験方法

本態性高血圧症(Ⅰ度・Ⅱ度:投与直前の坐位拡張期血圧が95~109mmHg)患者を対象に、ビソノテープ4mg、8mgを1日1回8週間投与し、自由行動下血圧測定(ABPM)を用いて収縮期血圧、拡張期血圧及び脈拍数の推移を検討した。(松岡博昭ほか:Prog Med. 33: 2413, 2013、承認時評価資料:国内第Ⅱ相試験)


本剤の「効能・効果」、「用法・用量」、「用法・用量に関連する使用上の注意」、「禁忌」を含む「使用上の注意」等は「添付文書」をご参照ください。添付文書等DIはこちら






  • 経皮吸収型製剤使用マニュアル
  • ビソノテープQ&A
  • The 対談!高血圧治療に新たな選択肢登場
  • JSH2014改訂のポイント~β遮断薬を中心に~
  • 高血圧診療におけるβ遮断薬の役割~β1遮断貼付薬への期待~
  • 長時間作用型β遮断薬の有用性
  • 降圧テープ剤としてのビソノテープ